Iriver E100 Special Edition

E100 | 2008

 

既存iriverのE100製品は低価ラインのMP3プレーヤーで10,20代の消費者から良い反応を見せていたが製品デザインの観点から見た時には単純すぎて、
魅力度と完成度が十分ではない短所を有していました。

プロジェクトの依頼を受けたのはそのE100製品がリリーズされる直前でした。 短い時間だったが平凡な外観に’若者が使う音楽を扱うMP3としてのポップな要素’を
吹き込みたいと思いました。それから渋谷系の音楽とデザインを製品と繋げる作業へと発展させた方が良いという判断でフレームを再び眺め始めました。
そして、この作業で適しているアーティストを探し始めました。

このような背景でE100製品のスペシャルエディションを企画し、
本体のグラフィックとパッケージ、コンテンツ、製品発表のためのプロモーションビデオも製作することになりました。
Iriver E100プロジェクトは本当の意味でのコラボレーションだったと言えます。

 


Graphic & Package

2008 | by Groovisions x BDCI

Client –iriver
Project Management – BDCI
Graphic Design & Package Design – Groovisions

E100 SPECIAL | 2008

 

ポップアート

最初、‘何か違う、軽快な’という単純な意図から始まったこのプロジェクトの展開に結構の難点がありましたが、私たちはE100の普及型モデルの位置づけ、
iriverの再起に対する念願というプロジェクトの本質から確かめ合うことに向かって進めました。
若いインディ文化とメディアとの融合を目指して、製品デザインの範囲を超えてポップアートとメディアの領域を導入することをソリューションとして提示ししました。

20世紀中盤の有名なポップアートを単純に継承するのではなく、今、現在に似合うより若くて新鮮なコンテンツを探してみました。

私たちはすでにchappieなどのキャラクターで知られる若い感覚のグラフィックアートグループGroovisionsとの協業を試みました。

 

ビタミン

私たちはGroovisionsが作ったHALFBYのMV“Rodeo Machine”から見た人々の様々でおもしろい姿に着眼し、オリジナルのプロモーションビデオを先に企画し、
そこに登場するキャラクターを製品外観のグラフィックと包装パッケージにも使うことにしました。

プロモーションビデオで初めと終わりを飾るメイン要素のビタミンは製品パッケージの大事なデザイン要素のとして活躍しました。
ビタミンは音楽を可視化した若さの活躍素を意味します。

E100 SPECIAL PACKAGE | 2008

 


Movie

2008 | by Groovisions x BDCI

Client – iriver
Project Management – BDCI
Motion Graphic – Groovisions
Music – Cubismo Grafico

E100 SPECIAL MOVIE CAPTURE | 2008

 

本当の意味でのコラボレーション

iriverのE100スペシャル製品のための製作したオリジナルのプロモーション ビデオを製作しました。
私たちは各ポジションで最高の能力と経験を持つ世界的なアーティスト、デザイナーそしてミュージシャンと協業し、新鮮で成功的な結果を作り出したかったです。

韓国、日本だけでなくヨーロッパなどの世界市場までを視野に入れていたので世界的なグラフィックアートグループである
GroovisionsとエレクトリックミュージシャンのCubismo Graficoとコラボを進めました。
プロモーション ビデオは広告をはじめとしてE100スペシャル製品自体にも適用する意図で製作されました。

E100 SPECIAL MOVIE CAPTURE | 2008

 

軽快さ

ある地域での偏向した話でなく、若い世帯なら誰でも親近感を感じて同質感が共有できる感性。
普遍性を持った可愛くて楽しいキャラクターが作り出す軽快でユーモラスにストリー展開を望みました。
私たちはプロモーション ビデオを通じてiriverのE100が望む世界観を表現しようと思ったし踊る若い感性のビタミンから小さい蟻と多様な昆虫が出てきて
小さい動物、大きい動物などで表現される自然と各国のランドマークを繋げることにより世界市場への拡散を表わそうとしました。

E100 SPECIAL MOVIE CAPTURE | 2008