BDCI is a cross-over design consultancy

Flexible & Creative Consortium

ABOUT

私たちは製品が一つの特性や外観デザインだけを前に出した時代から複雑な多機能のサービスとプラットホームまで考慮しなければならない時代への転換点に立っています。
今はデザインで新しい製品とサービスに対する青写真を描き出すことができようとするならクリエーティブとビジネス、テクニカルの三つの能力を基にビジネス戦略、デザイン、生産とマーケティング、そして廃棄と再生過程に至るまでを理解した上、融合し、多様性を持った各分野の専門家との協業を展開するインフラを確保していなければなりません。
BDCIは’デザイン’を核心に置いて、プロジェクト企画および運営、ブランディング、ビジネスのリフレーミングまでを併せるクロスオーバーデザインコンサルタンシーです。

デザインとマーケティングへの豊かな経験を持つ内部の核心人材と国境を超越した外部の製品デザイナー、グラフィックデザイナー、技術エンジニア、製造設計アドバイザーが硬く連携されているコンソーシアムシステムで柔軟かつ効率的に動いております。
BDCIの活動はデザインの一つの分野に限定されません。
ビジネスの原点から考察するリフレーミング、プロジェクト戦略から始まってブランディング、
製品デザインと同時に悩む技術エンジニアリング、そしてその後の生産からパッケージングまで、
幅広い範囲で全世界の多様なクライアントに最適化されたコンセプトとブランディング コンテンツ、製品デザインと同じ結果を提供して彼らのビジネス構想を現実化させるところに寄与しています。

その間、遂行してきた多くのプロジェクトから見るようにブランディングから製品デザイン、および技術エンジニアリングにかけた一連の過程をクライアントとともに悩んで多くの経験と専門知識を蓄積してきました。
このような経験から変化する多様なライフスタイルが要求する新しい技術と機能を‘デザイン’の観点を通じて観察することによって魅惑的な経験と新しい可能性を発見できました。

私たちはクライアントの固有な能力と専門家との協業から生じるシナジー効果を信じて支援して多様で水準高いライフスタイルに新しい意味と価値を持ってくる未来のために情熱を尽くしております。

CAPABILITY
手がける分野

多様なクライアントとプロジェクトに合わせたコンソーシアムの構築と有機的な運営を通じてアイデンティティを確立するブランディングから製品デザイン、結果実現とEnd Userの経験を誘導する多様な表現ツールの開発に至るまでデザインを核にするビジネス全般をカバーしています。
BDCIは外部のスペシャリストとの緊密なパートナーシップをベースに内部にブランディング グループ、プロジェクト マネジメント グループが互いにリンクされて全方向でプロジェクトを支援しています。
また、ITと製造が結びついた形態のDFMA(Design for Manufacture & Assembly)を専門で遂行する子会社Thinksmakerを保有しています。

BDCIはクライアントのビジネスが大きく飛躍できるように明確なガイドを提供します。

BDCIは複合的な領域をクロスオーバーする色々なプロジェクトへの経験を通じて、ビジネスとデザインを正確に洞察するリサーチ能力を育ててきました。このような能力を土台にしたデザイン戦略は的確なコンセプトとデザインを作り出し、未来を予測し、文化を発信する媒介体になります。その背景が今後の結果にも反映されて無限に進化して進むと考えています。多様な規模と多様な領域のプロジェクトを運営して、多様な専門家との協業を通じて、デザイン戦略研究を持続しています。’多様性’を基調とするBDCIは製品デザインだけに固着しない、常に視野の幅を広げて前に進む準備が整いております。

BDCIは‘デザイン’を中心にクライアントのビジネスが大きく跳躍することができるように明確なビジネス戦略を提供します。BDCIは複合的な領域をクロスオーバーする色々なプロジェクトを通じて、ビジネスとデザインを正確に洞察して繋ぐ作業をしてきました。このような経験を土台にしたデザイン戦略は明確なコンセプトとデザインを作り出し、未来を予測し、文化を発信するてビジネスの核心になります。BDCIの進化するデザイン戦略は新しいカテゴリーと新しい市場を発掘して未来価値創り出すビジネス戦略には欠かせません。

製品デザインはBDCIの原点です。小さいけれど偉大なアイディアから始まったビジネスにおいて製品は大変重要な原動力になります。BDCIは市場を把握し、カテゴリーを再び定義して美的形態と技術、感性の多様な側面を共に考慮して製品をデザインします。形態と素材に対してももちろん、外観と相互作用する内部メカニズムまで念頭に置いた製品デザインを提案します。必要に応じて制作するInteractive Working Prototypeは製品外形と内部構造、User Interfaceのすべての部分を同時に多角的に検証できる効率的な土台になります。

経験は‘物理的世界’の製品と‘仮想世界’情報の交差点に立って、どのように製品と情報を捉えて、彼らの相互作用をどのように連係させるかについての悩みから作り出した結果です。BDCIではUser InterfaceとUser Experience分野に対する深い知識と経験を有しています。色々なモバイル プラットホームはもちろん製品と空間、サービスの領域でも独創的な思考と使用者時点の接近方法により完成度高いモデルを作り出します。 BDCIはクライアントに新鮮なアイディアと観点を提供するために新しい技術と表現方法を常に研究しています。

単に良いデザインの製品が成功的なビジネスに直結するとは見るのは難しいです。良いデザインの良い製品に隠れているささいな、しかし偉大なるアイディアとストーリーを整理してEnd Userに伝えること、製品が持つ魅力を十分に表現すること。それがBDCIが追求するブランディングです。私たちは目標や目的になる製品とサービスの市場を理解してクライアントが望む未来価値を共有することによってクライアントのビジネスとBDCIの創造的結果が融合したブランド アイデンティティがEnd User(消費者)に真っすぐ伝えられることができる最も効果的な方法を提示します。

BDCIはコミュニケーションの課題として製品とサービスなどのデザインが終わった後にもいかほど正確に初めてのコンセプトを最終消費者にまで伝えられるのかに大い興味を有しています。メディア コミュニケーションに対する努力は製品とサービスから始まる経験の価値を世の中に正しく発信することに焦点を与えています。製品とサービスに籠もった話を私たちの手で作ったメッセージで表現することこそプロジェクトの真の完結たど思います。

BDCIはブランディングに欠かせないサービスの新しい可能性を規定して開発します。 分析手法と創造的プロセス、ブランディングと製品デザインから始まった経験を基に感動的なサービスを描いていきます。

新しい市場へのチャレンジとクライアントの満足に適合したサービスを開発するためにBDCIは固有な接近方法と問題解決能力を備えて細心なインタビューとワークショップを通して最適なプロセスを抽出します。
そしてわかりやすいProcess Prototypeで表現することにり、クライアントの悩みの本質を理解し、最適な方向を引き出します。

METHOD
メソッド・プロセス

愛される主人公を想像し、描き出し、育てて人々との話を作り出します。
クライアントが持つ大まかな考えと希望は
BDCIの能力とプロセスを通じて現実化され、有形の製品と可視的な成果を引き出します。
それは、変化と成長のための革新的なビジネス機会を探すのに重要な役割をしています。

BDCIはシナリオを脚色し,より一層愛される主人公をこの世の中に誕生させます。
彼の一族の歴史、彼が生まれる前の理由、生まれての多くの人々との出会い、そして語り…
このすべての語りが構成するようになる舞台、主人公、観客、脚本、呼吸、共感の全てがBDCIという舞台の裏のスタッフたちの手で作り上げています。

Trimming   
BDCIにおいて正しいプロジェクトの開始というのはクライアントの要請に合わせた受動的な対応ではなく目標と予算、アイディアを新しく定義して再構成することを意味します。
私たちはクライアントの悩みとその裏面に隠された本質を把握して考えと希望を理解した上、ビジネス的思考を背景に置いて再構成することをプロジェクトの出発点として捉えています。
この過程から新しい見解と革新的なアイディアを発見し、期待より一歩進んだ具体的な未来像を提示します。
それに私たちのデザイン知識と経験を付け加えてクライアントだけでなくクライアントのクライアントであるEnd Userに見せる画期的な経験と価値を発見していく本当のプロジェクトが始まります。

これから私たちはプロジェクトを話(ブランディング)と作り(製品デザインと技術エンジニアリング),二つの側面で接近して入ります。

Weaving   編む
私たちは話(ブランディング)が好きで、作り(デザイン)を愛します。
話(ブランディング)は結果(製品)という主人公だけでは成り立ちません。
結果が生まれるまで、そして結果から生じる興味深い話がその結果と一体化することにより感動として伝えられるます。

ブランドウィービングはクライアントとクライアントのクライアントにまで美しい楽しみを伝えるために欠かせない過程です。
すべての過程はプロジェクトとクライアントの特性に対応した固有の接近方法とリサーチ、概念設計方法を適用して進めます。
クライアントと持続的にコミュニケーションしながら、専門家が集まって多角度の効果的な方法で表現して難しくて複雑なメッセージを簡単に解きほぐして柔軟に繋げ、精巧かつダイナミックな物語を誕生させます。

ブランドウィービングはプロトタイプトリミングの最中でも、製品が完成された後にも止まらず続きます。

Trimming   練る
今までなかった新しい製品コンセプトを具体的な製品とサービスで可視化する過程から発生しうる突発的な問題点を解決するための効果的な方法としてPrototype Trimming過程を行います。

一般的な製品開発と製造の全体過程を圧縮したTrimming過程はPrototype製作、シミュレーション、問題点発見および再調整というスピーディーな反復循環を通じて次第に最上のデザイン クォリティーに引き出します。
製品デザインおよび技術エンジニアリング、製造生産のすべての段階を併せることのできる専門家が検証したPrototypeを通し、クライアントに最も正確で効果的なソリューションを提供する。
それにより、失敗と錯誤を減らすことによって全体的な時間と費用まで削減することになります。

MERIT
魅力

Flexibility, Diversity, Crossover(Unite) = Consilience
様々な想像と感性を柔軟に融合させる瞬間、いよいよ新しい経験と感動は一つになる。

Flexibility 有機的な組合
デザイン戦略により、製品カテゴリーとプロジェクト特性に適合したデザイナーと専門家でチームを構成して創造と革新のためのプロジェクトを進めます。

Diversity 多様な文化と技術
アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、多様な文化的背景を土台にするデザイナーと専門家たちの協業を通じて多様なテーストの結果が保障されます。

Crossover 調和
デザイナーとの成功的な協業結果物に対するBDCI内のブランディング グループとテクニカル デザイングループの支援は結果物のディテールをより一層強化させ、完成度の高い製品になめらかに続きます。

Consilience 戦略と再構成
様々な想像と感性を柔軟に融合させる瞬間、いよいよ新しい経験と感動は一つになるでしょう。